ロマサガ Reユニバース日記〘2話・後編〙〜ゼノンの思惑〜

はじめに


こんにちは、ゼフィと申します。

今回は、私自身が今やっているアプリゲーム、

『ロマンシングサガ リ・ユニバース』について語らせていただこうかと思います。

ロマサガ リ・ユニバースは、やり込み育成ゲームであるため、ストーリーについては

あまり見られる事が少ないかと思いますが、

どんなものなのかと思う方もいるかもしれませんので、記事にしようかと思います。

今回は、2話後編となります。

※多少ネタバレの部分が含まれますので、これからプレイしようかと考えている方は、
注意して見たほうがよいかと思います。

■2章・後編


ポルカ達は無事に海底トンネルを抜けてドン・スカチーニの屋敷へとたどり着きました。

だが、すでに侵入を察しているようで屋敷の警備も厚くなっていました。

そこで、ヴァルドーは星読みを救出する為の作戦を説明します。

ヴァルドー、ゲンさん、テリー、ゲラ=ハで騒ぎを起こし、敵をかく乱している所に

残ったポルカやようせい達で牢獄を向かうという作戦を説明します。

そして、作戦通り、ポルカ達は屋敷の内部へと潜入する事となります。

屋敷内にて


ようせいが先導し牢獄へと目指すが、ポルカは屋敷に詳しいようせいに、

色々と質問をします。

すると、ようせいは過去にこの屋敷に囚われていた事を説明します。

それは、ようせいが珍しい生き物であり、それに興味をもったスカチーニが

屋敷に捕らえたとの事。

そして、ようせいが仲間達と会話をしていると、スカチーニの手下達でもある

魔物達が、ポルカ達を襲撃してきます。

魔物達を撃破した、ポルカ達はようせいに、色々と教えられます、

ようせいが、ヴァルドーによって助けられた事、

ようせいが、妖精族の最後の生き残りであること、

スカチーニが、レアなものを集めるコレクターであること、

そして、助けられた恩としてヴァルドーの手伝いをしている事など

色々な事を教えてもらいました。

色々な会話をしていくなかで、グレイヴについて話題が変わりました。

その中で、グレイヴには聖塔と魔塔がある事を教えられます。

スカチーニは、魔塔を狙い魔獣を集めて魔の軍団を作ろうといているとの事。

そして、グレイヴについて色々な事を話していると、ポルカ達のいる場所で

異変がおこります。

とても悍ましく狂気に満ちた危険な力がその場に現れます。

そして、強力な邪気をもった魔塔が誕生しました。

今回の目的は、シン・ドゥの救出のため、ポルカは牢獄へと急ぎます。

牢獄にて


シン・ドゥが囚われている地下牢へとたどり着いたポルカ達は、

分散してシン・ドゥを探す事になります。

だがその時、何者かに退路を閉ざされてしまいます。

ポルカ達はその事に気が付かす、必死にシン・ドゥを探すこととなるが・・

発見


ポルカ達は、無事シン・ドゥを発見する。

そこでシン・ドゥはこの地下牢が岩壁により退路を閉ざされる罠がある事を

ポルカ達に教え、急いで屋敷を脱出する計画をします。

ロアーヌにて


シン・ドゥの奪還より数日後・・

ゼノンは、側近のカルマンと現状の世界について多くの談話をします。

その中で、ゼノンは大きな不安を語ります。

何故、世界の危機に誰も気が付かないのかと・・

続く・・

終わりに


『ロマンシング・サガ リ・ユニバース』について語らせていただきました。

今回は、純粋なリ・ユニバースの主人公サイドの仲間達が集まってきて、

ストーリーの内容がある程度わかってきたような気がしますね。

今回は特にようせいについてと、グレイヴについてが語られていたと思います。

そして、今回新たに誕生した魔塔がありますが、あのシルエットは

早いんじゃないかと(笑)

さすがにすぐには戦わなかったですが、これからの伏線の一つではないかと感じます。

次回は、別編を語らせていただこうかと思いますので、よろしくお願い致します。

お読みいただきありがとうございました。