【ペカッサス流星拳!】2日連続で帽子ペカしたマイジャグ4&星矢SPでロン毛のイケメンをボッコしまくる活動報告【日本一打たれ強い中学生】

こんにちはぜふぃです。

 さて今回の実戦はこちら!

 「帽子ペカしたマイジャグラー4を2日続けて打ってみた」です。

◆「マイジャグラー4」1日目

 打つのは合算116分の1、総回転数およそ3700Gの台です。

 このお店のデータカウンターは、グラフ表示とトータル差枚数の出ないタイプなのですが、履歴的に一箱半以上は出ていると思われます。

 過去の大当たり履歴を遡ってみると…

 380Gハマってビッグ1回引いたあと、さらに580Gハマってビッグ3連。

 さらにそこから150G付近でバケ3連して30G回してやめられていました。

 そこで私は「なぜ前任者はここで止めたのだろう?」と考えました。

 もし朝から同じ人が打っていたとして、持ちメダルが1000枚以上ある中で、わざわざ30Gでやめる意味を考えると、用事があって帰らなければならなかった…そう考えるのが妥当です。

 あとは、途中で打ち手が変わっていて、その後任者がハマり区間を打った。結果、そこそこ出て戻ってきたけど、追ったらまたマイナスにしてしまうかも…というプレッシャーがあったからやめたとか。

 もし、後任者が最初から設定狙いをしていたとすれば、キツいハマりを食らっても、中途半端に30Gで捨てたりしないのではないか?

 などと思考を巡らせながら、ひとまず台を確保。

◆数えなければお店の養分~根拠は大事~

 ジャグラー打ちの永遠の課題それは…「突然やってくるハマりの波とどう向き合うか」

 そういったハマり区間中のメンタルを保つ意味でも「ぶどうカウント」は必須だと言えます。

 実際、マイジャグラー4はぶどう確率5.8の台でも1000G以上ハマるとかあるんですよね。

 で、ハマったあとは、さっきまでの愛想の無さが嘘みたいに3000枚一気にドバァとか出ちゃうんですよ。…ツンデレかよ。

 ぶどうカウントには、打ち続ける根拠を数値化して、メンタルを健全に保つ役割があると思っています。

◆久々の帽子ペカを目撃する

 それから…前任者の方が1000枚くらい出して止めていたので、拾って打つことに。

 座って10回転でペカ。

 ビッグ先行の台でしたがバケ連して、BBとRBが同じ割合に…

 追加投資250枚で当たって、そこからじわじわ増え始め…気づけば1000枚到達していました。

 途中、久々の帽子ペカを引き、鑑賞タイム。

 その後も淡々と打ち続け…枚数を1500枚まで伸ばすことができましたが…そこからモーミモミダンシング状態に。

 耐久すること2時間…私用があって帰らなければならなかったので、夜9時まで打ってヤメ。

 +1256枚で帰還。ちなみにぶどう確率は6.0~6.1でした。

◆「マイジャグラー4」2日目

 この日の活動は午後3時くらいから。店舗は昨日と同じ店です。

 ジャグラーコーナーを覗いてみると…前日打っていたマイジャグラー4にふと目が止まりました。

 BB38/RB28で止めた台が…

 BB49/RB31まで増えているではないですか!

 閉店残り1時間半でビッグが10以上伸びてるってことは…あのまま打ってこの流れだったら、2500枚はゆうに越えていたことになります。

 しかも当日の履歴を見てみると…

 2000G以上回ってて、合算120分の1。ん? これはひょっとすると「据え」なのか?

 というわけで着席。

◆帽子ペカの再来だ

 205Gから打ち始めて、388Gでバケ。そこからさらに489Gまでハマり…

 うわ…これ以上はキツいなと思い始めたころ、そこで奇跡が起こります。

 なんと…2日連続の帽子ペカが降臨。

 予想通りの据え。

 よし、ここから一気に巻き返したる!

 というわけで、ここからはぶんまわしタイムに突入。

 その後は、150G付近のペカペカゾーン(勝手にそう呼んでいますがw)でBBを引き、抜けて160GくらいでまたBBを引き、枚数をジワジワと伸ばしていきました。

 無事1000枚突破したあたりで、増えなくなってきたのできりのいいところでヤメ。

 結果は+415枚。

 設定良さそうだから座ってみたら、急にどハマりする…とかもジャグラーあるあるですね。

◆最後に…

 その翌日…聖矢SPでロン毛イケメンをボッコボッコにした画像も貼っておきます。

 朝イチ天井からの一戦目負けで、絶望の空気漂う中…

 『不撓不屈ゾーンの最終Gでスイカを引く』という奇跡からの女神覚醒→完走でした。

 あのタイミングで降臨してくるスイカには痺れましたね。もうダメかと思ったので…

 世知辛い世の中で、「奇跡も魔法もあるんだよ」と信じられるこの瞬間がたまらない。

本日はお読みいただきありがとうございました。