ガンダムVSシリーズを語る その20 【ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2編】

はじめに


こんにちは、ゼフィと申します。

最古参プレイヤーでもある自分が、ガンダムVSシリーズの4作目でもある『ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2』について、語らせていただこうかと思います。

今回は、ゲームセンターについて語らせていただこうかと思います。

よろしくお願いします。

ゲームセンター側として


当時は、今よりも店舗が多くガンダムのゲーム以外にも盛り上がっていた時代でもありました。

自分達がやっていたVSシリーズの他にも、メインとして盛り上がっていたのは麻雀ゲーム、音ゲー、戦場の絆などが特に盛り上がりを見せていたのではないかと思います。

特に当時は、メダルでビデオゲームが遊べる店舗があったり、プリベイド式のお店があったりとお客さんを呼ぶ部分にしても、本当に色々とあった時代だったのかなとも思います。

その中で自分は、ガンダムの部分では、茨城、栃木、群馬、埼玉と多くのお店で地域を活性化するという部分では、色々と大会などを計画したりしましたね。

もちろん、運営という部分では、金銭などもかかる部分もあるため、そこは店舗によりますが、団体戦を計画したり、交流戦をしたり、本当に色々やりましたね。

そのような活動もあって、SEEDでは本当に多くのプレイヤーが増えたのではないかとも思っております。

次回作が出るまではがありますが(笑)

今になっては良い思い出でありますね。

一応、当時の大きな大会を計画して優勝した賞状が残っていたりします。

今では、もう個人では貸し切りなどのお店はあったりしますが、

県をまたいで大型の大会などは恐らく計画は出来にくい時代なのではないかと思いますね。

その後は


ゲームセンターとしてビデオゲームは、当時からも徐々に衰退していた時代でした。

ガンダムのコンテンツとしては、戦場の絆やカードビルダー、そして連ザ2などでかなり強い部類ではありましたが、それ以外のゲームでは

ビッグヒットになるようなゲームが出て来なかったので、なかなか厳しい環境だったのかなと思います。

この連ザ時代で、共に大会の運営や計画をしていた多くの店舗は、

NEXT時代頃から徐々に無くなってしまい、殆ど残っていない事が非常に残念でならないですね。

特に取手にあった店舗では、色々とやりましたし、自分の復活する場所でもあったことから本当に残念でなりません。

後は、個人的には埼玉のゲームセンターもかなりお世話になりまして、

特にネンファミリーの方々と交流や対戦を、夜に多くやらせていただいた場所でもあったため、感謝と共に残念でもありました。

終わりに


ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2』のについて語らせていただきました。

今回は、店舗についてお話ししました。

当時は、本当に盛り上がりを見せていましたが、その後、多くの店舗が無くなってしまった事が寂しい限りであります。

もちろん、あの時代から10年以上経っているため仕方がない部分はありますが、やはり思い出がある多くの店舗であるため残念でならないです。

次回も、連ザ2の家庭用について語らせていただこうかと思います。

お読みいただきありがとうございました。