スロット雑記[スロッター編]

○スロッター側からの視点で考える○

こんにちはゼフィです。

今回は、近くに営業していた店舗があったと言う事で、スロッターの立場として、僕自身の考えで文章を書いていこうかと思いますのでよろしくお願いします。

○スロットについて○

まず、このコロナの影響の中で遊技をしに行くのかと聞かれたら、僕的に答えは『NO』になります。

その理由はと言いますと、僕自身が少しでも勝率をあげるために立ち回っていく人間だからです。

恐らく、スロットなどを遊技する人間は聞いた事があるかもしれませんが、『GW、お盆、年末年始(最近はシルバーウィークも)』は、回収期と言われる時期であり、唯一大きく期待できるのは5月5日くらいだからです。

だからと言って、今回の55の日は活動はしていません。

もちろん、社会的に非難やコロナの不安があるからというのもありますが、この場合僕自身が『お店の立場で考える』と言う事をするからですね。

スロッターには特別な日ですが、各お店がこの日を強くするのは、ライバルの店舗がいるからです。

お店にとっては、お客様に対して『特別な日には強い事をします』アピールの場でもあるからになります。

これによって、今後の集客にも繋がるからですね。

ですから、今回ライバルもいなく勝手に集まってくる状況ですから、勝手に良い日と妄想してくるお客さんが多い時にわざわざとやる必用もないと思うからです。

まぁ、イメージのためにも1~2台はあるかもしれませんが、まぁ大きくはやらないでしょう。

実はこの店、昨年は全台56やったんですけどね(笑)

○最後に○

今回、設定が入ってないのが予想できるのに何故全国から人が集まって来たのか個人的にはわかりません。

まぁ、これが俗にいう『依存症』なのかもしれませんね。

もちろん遊技する事は個人の自由ですが、少し我慢すればそれだけ早く全国的に営業する可能性も高くなるし、何の問題もなく遊技できる時が来るんですけれどね・・

それに負けても給付がと言ってる人もいるんですから・・

少し残念です・・

僕自身もスロットが好きですので、早くコロナが収束するのを願い、今回はここで終わりに致します。

ありがとうございました。