ガンダムVSシリーズを語る その21 【ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2編】

はじめに


こんにちは、ゼフィと申します。

最古参プレイヤーでもある自分が、ガンダムVSシリーズの4作目でもある『ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2』について、語らせていただこうかと思います。

今回は、家庭用SEED DESTINYについて語らせていただこうかと思います。

よろしくお願いします。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2 PLUSについて


2006年にアーケードが登場してから、年末の12月にこのSEED DESTINYも

家庭用が登場しました。

ただし、前回の家庭用とは違い今作では、多くのやり込める要素が詰まった

ゲームへとなりました。

機体の追加もあり、スターゲイザーを始めイザークが乗るグフなどを含め

多くの機体が追加され、前作の家庭用のようなほぼアーケードの移植の感じではなく

遊べる要素がかなり増えたかと思います。

その他には、ノワールのパイロットなどアーケードでは登場しなかった、

スターゲイザーのキャラクターも今作では追加されたりもしました。

一番、このゲームでのやり込み要素として、「P.L.U.S.モード」「チャレンジモード」

がある事が大きいかと思います。

チャレンジモードは、ステージをクリアする為のミッションがいくつかあり、

それを達成できればクリアとなるモードとなります。

撃破スピードだったり、1VS4だったりとなかなか難しいものもあったりしたので

やり応えがあったモードだったですね。

ちなみに、通信対戦は今作でもありません。

■P.L.U.S.モードとは


家庭用での一番の売りでもある、この「P.L.U.S.モード」でありますが、

プレイヤー自身が主人公である「シン・アスカ」となり、ゲームに登場する

キャラクターと信頼度によって仲間になれたり、敵対したりする、

ある意味if的なモードになりますね。

このモードには、キャラクターごとにミッションがあり、

プレイヤーの行動次第では全てのキャラクターと仲良くなれたり、

逆に全てのキャラクターと敵対できたりもできます。

その為、アニメなどでは敵であったキラやアスランなどと仲間になって

行動する事ができたり、逆にルナやレイ達と敵対し対決もできたりする事も

可能だったりするので、非常に面白いシステムではないかと思います。

自分は、全員と信頼度MAXで仲間になったのですが、逆に全てのキャラクターと

敵対した事はないので、機会があればやってみるのも面白いかなと思いますね。

終わりに


『ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト2』の家庭用について

語らせていただきました。

前回の家庭用では、特に購入しても遊べる部分が少なかっただけに、

今作ではアーケードでの対戦と家庭用での遊べるゲーム性でうまく差別化が

できたゲームであったのではないかと思います。

次回も、連ザ2について語らせていただこうかと思います。

お読みいただきありがとうございました。