最古参プレイヤーがガンダムVSシリーズを語る その26 【ガンダムVSガンダム編】

■はじめに

こんにちは、ゼフィと申します。

最古参プレイヤーでもある自分が、ガンダムVSシリーズの

『ガンダムVSガンダム』について、語らせていただこうかと思います。

よろしくお願いします。

■全国大会について

今作でも全国大会が開催され、殆どやっていなかった今作でも

何となく全国大会予選に出場してみました。

個人的には、最後の全国大会になりましたね。

実はフリーダムガンダムがあまりにも強いと言う事で、

全国大会の予選にて初めて使用し、相方の㌧さまはキュベレイが強いとの

事でしたので、千葉の方にて出場してみました。

ですが、事件がそこでおきました。

全国大会予選でもあるに関わらず、まさかの三組しかエントリーがなく

急遽リーグ戦にて優勝チームを決める事となりました。

あまりの人気のなさに驚きましたが、この予選大会にて・・・

優勝しました(笑)

初乗りの初のガンガンの大会にて、あっさり予選通過しました。

何というか、フリーダムガンダムとキュベレイは強すぎた(笑)

■全国大会本戦

と、言うわけで全国大会本戦に出場する事となりましたが、

流石に現役プレイヤーの方々には勝てず初戦敗退となりました。

まぁ、祭り感覚で出場したので優勝などは狙っていなかったので

当然ではありますが、この大会は、かなり荒れた大会であったのではないかと

思います。

その理由としては、ベスト8に残った機体が6チームが

フリーダムガンダムとキュベレイMr2という組み合わせのこと。

そして、その他のチームもフリーダムガンダムとマスターガンダム

もう一つがフリーダムガンダムとグフカスタムのチームである事。

この時点でフリーダムガンダムが強すぎたという事ですね。

そして、大会を運営していく上でフリーダムガンダムのあまりの強さと、

逃げれる状況に、急遽ルールを変更。

逃げてると判断されたチームは失格となります。

まさかの爆発的ルール(笑)

そして、試合中、進行役の女性がまさかの・・・

『逃げないで下さい』

これには、会場も大盛り上がりしました。(色々な意味で

と、言うわけで波乱の大会は幕を閉じる事となりました。

ベスト8に残って負けたチームの中にも、コメントを求められて

『逃げられなかったので負けました』

など、運営を煽ってる人もいたので、改めて糞ゲーだったのではないかと思います。

まぁ、フリーダムガンダムがいたおかげで次回作のNEXTが誕生するきっかけと、

なったのではないかと思いますが。

■終わりに

今回は『ガンダムVSガンダム』について語らせていただきました。

全国大会では、まさかの運営側が煽るという恐ろしい現象がおきました。

ただし、運営側は学習しないのか次回作では、タイム∞という対戦モードを

作ることになりましたが、そのおかげで次回の大会も大変なことがおきました。

それは後程書こうかと思います。

次回は家庭用について語らせていただこうかと思います。

お読みいただきありがとうございました。