ゼフィ回胴記録 特別編【ディスクアップ・ロックマンアビリティ】

はじめに


こんにちは、ゼフィと申します。

今回は、個人的に好きな台でもある機種について語ろうかなと思います。

よろしくお願いします。

ディスクアップについて


こちらは、何かと話題のディスクアップになります。

フル攻略できれば設定1でも機械割103%あるという事でやられている方も多い最近の人気機種にもなりますね。

この台は、稼動人気の高さから増台も多くされ今では多くの店舗でも見かける台にもなりましたね。

自分も、この台をよく触っていますが、どうも相性がよくなく良い結果は残せていないですね。

ビタ押しというよりは、同色BIGが引けないため、どうも伸ばす事ができずダメな結果の場合が、多いです。

その為、ディスクアップの結果だけで言えば―4149枚であるので今の所は少し距離をとっている状況であります。

この台は、多くのスロット好きが語っている事もあり、色々な所で見かけるかと思いますが、自分もこの台で一度良い経験はしてみたいなと思ってはいますね。

ロックマンアビリティについて


こちらのロックマンアビリティというスロットですが、

約1年前に登場した台になりますね。

こちらも、ディスクアップと同じくフル攻略できれば、最低設定でも機械割が103%を超える台となっており、個人的には非常に好きな台でもあります。

ただし、こちらはディスクアップよりもビタ押しの部分では非常に難しく、

設置台数も少ない事から、人気は大きくならなかった台ですね。

特徴としては、BIGとREG中に技術介入があるのは同じですが、

一番のこの台の特徴としては、ボーナス終了後に必ず入る、

アビリティアタックというRTに突入する為のゾーンに入るのですが、

ここが一番ディスクアップとの大きな違いになりますね。

このゾーンから、RTへと突入させる訳ですが、この時にビタ押しの技術があります。

ただ、これには6種類ありまして、この指定された図柄にビタ押しできるか

失敗するかによってRTゲームに差がでる仕様になっております。

成功で80Gゲーム、失敗で30Gとなりますのでここが大きな差が出るところとなりますね。

一応、サポート機能もあり、逆押しする事で55Gになる機能もあります。

このRTは、一部を除き50%でループするので、ここが一番の出玉の差を出す事ができる部分ではないかと思います。

自分は、ディスクアップよりはロックマンアビリティの方が好きなので、

よく時間があったらやっていましたね。

最近は、地元に無くなってしまったのでやる機会がなくなってしまいましたが、

ロックマンアビリティだけでは、+23162枚でしたので本当に良い台でした。

一度だけ、最高設定に座れましたがその時は、4000枚ほど出せましたねー。

最後に


今回は、最近の人気スロットについて語らせていただきました。

最近は、ディスクアップのような台が人気がありますので、

何かの機会があれば一ヶ月間挑戦みたいな事もやってみたいなとも思いますね。

お読みいただきましてありがとうございました。