3月雑記【店から物が無くなる日】

■はじめに

お久しぶりです。ゼフィと申します。

約二週間ぶりの更新となります。

見ていて下さっていた方々には遅くなりまして申し訳ないです。

今回は、3月になりましたので少し雑記として書いていこうかと思いますので、よろしくお願い致します。

■コロナウイルスの驚異

やはり、3月になりまして語るにあたり、前々からもニュース等でも騒がれていましたが、この件についても少し語ろうかなとも思います。

多くの方々は知ってはいるかと思いますが、現在進行形の危険なウイルスであり、パンデミックまでと言われる全国的に流行をしている状態であります。

その中で、自分の活動している地域でも非常に影響を受けておりまして、

学校などの行事もほとんど中止や制限をかけられてしまったり、感染者が近場にて出てしまったりしたことから、説明会のために色々と行動をしたりと、何かと大変な事が多くありました。

最近になって、ある程度まる一日を自分で使える時間が出来はじめてはいますが、またまだ大変な状態であります。

特に、マスクなどの物質も非常に入手しづらい影響もあり、トイレットペーパーなどのフェイクニュースもあってか、デパート等では売り場から物が無くなるほど、大変な混乱が起きている状況になっておりますね。

そう考えると、人間って本当に弱い生き物で、微生物であるウイルスに驚異を感じたり、自信を守るためにマスクや消毒液などをいち早く購入したりしようと行動したりと

知能は高くても儚いものなんだなと改めて感じるものです。

夏にはオリンピックも開催される予定ではありますが、このような状態では大丈夫なのかなとも感じるものです。

オリンピックが出来なければ日本の経済には非常に大きな打撃や影響を受けるからですね。

ですから、現実的には非常に難しい部分はありますが、感染予防のために自分自身を含め努力をして行きたいなとも思うところです。

■さいごに

コロナウイルスの驚異は本当に恐ろしいものです。

ただその中で、トイレットペーパー事件などを含めた、フェイクニュースなどにおどられず真実を見極めて、感染を拡大しないように努めていければなと思い、いち早く沈静化できればと願い、この記事を終わらせようかと思います。

お読み頂きありがとうございました。